温熱マットでサンドイッチ

バイオマットについて書かれたこちらの記事に興味を持ちました。


効果的なのは、シングルサイズのバイオマットの上に横たわり、腹部にミニを当てるという方法だ

これはバイオマットの日本支店が提案したやり方だという。

こうすることで、マイナス電子や熱が、体の中央部までしっかりと届くことになるからだという。」



日本支社から購入するというのは、修理の手間や言葉の問題を考えるとかなり魅力的な選択肢となっている。」

https://www.daytradenet.com/Cool/archives/2017/08/140752.php



私が知っているAWGの治療院では特殊な遠赤外線のベッドに横になってAWGをかけます。
AWGとの相乗効果について説明されて、その時は(うん、うん、そうなのかぁ~~)と解ったつもりでしたが
今覚えているか?と言えば・・・・・・

覚えていません(笑)


身体を温めて体温を上げると免疫力は上がります。

バイオマットは「海外から買った。」と言う方から教えてもらったことがあったのですが
修理の際に買ったところ(その方は韓国)とやり取りしたと聞いていたので
私にはちょっと無理かな?と思っていた商品です。

ただ、こちらの記事では「日本支社から購入できる。」とあったので、あとは値段次第だなと思いました。

「ミニマット単体14万円・税込15万1200円
シングルバイオマット単体36万円・税込38万8800円
ピロー・枕単体3万円・税込3万2400円

3つで税込57万2400円が正規の値段です。」

・・・とコメント欄にありました。(去年の9月の情報です)

まずは使い勝手が良いミニが欲しいなぁ・・・
でも15万円か・・・・

悩んだ末に(似たような物でもう少し安いのは無いかなぁ?)と探してみることにしました。

そして見つけたのが「こだわりシエスタ」と言う製品。
http://706siesta.com/

電熱と天照石という特殊な石を内蔵しているので岩盤浴効果がありそうなこと、
大気1ccあたり850~1350のマイナスイオンの放出量があること、
大きさが430ミリ×310ミリ と扱いやすそうなこと

そして決め手は、金額が65,000円で、バイオマットミニの半分くらいで帰る事。

ただ、買ってから気がついたのは「こだわりシエスタ」は大きさもバイオマットミニの半分だった、ということ。

まぁ、私としては「大量のマイナスイオンを発生させる温熱マット」に対する好奇心からの購入だったので
6万円代が限界でした(笑)

使ってみると凄く身体が温まります。
主人や知人にも試して貰ったら

「温まる」

「温めていると痛みが取れる。」と好評でしたので
(これなら大きい方も買ってもいいかな?)という気持ちになって「遠赤医温」という全身用のマットも購入しました。


遠赤医温は日本理工医学研究所の商品です。

日本理工医学研究所の楽天ショップの他に2か所、売っている所を見つけることが出来ました。
お値段は送料を含めて248,400円(税込)~280,940円(税込)と差がありました。

遠赤医温単品で買うなら迷わず最安値のお店で買いますが、
先に「こだわりシエスタ」を買った温熱家族で「温熱セット」(遠赤医温とこだわりシエスタのセット)が278,000円(税込)だったのでこちらで注文しました。

だって遠赤医温の一番高いお店で買う値段より2000円安い上に、「こだわりシエスタ」(65000円)が付いてるんですからね(^^)

新しい方のシエスタはすい臓がんの術後の身内に使ってもらっています。
「ふくらはぎに当てて寝ているとすごく身体が温まる」と言っていました。

体温が上がれば免疫力が上がりますから、癌の再発防止に頼りになると思います。

まだ手術の傷口には「怖くて当てられない。」と言っていましたが、
半年くらい経って落ち着いたら、免疫力を上げる為に
シエスタを「肝臓、腎臓にあてて温める」使い方をして欲しいなと思います。

具体的にはこの様に使います。 

1、肝臓の辺りにシエスタを30分あてる。この時同時に脾臓の辺り(左わき腹)に冷たい濡れタオルを10分あてて脾臓を冷やす。

2、シエスタを背中側、腎臓の辺りに30分あてる。

シエスタで温める場所に「ビワエキス」や「梅エキス」を塗り込んで行うと良いそうです。


これと同じ様な方法は東城百合子さんの「自然療法」にも書かれていました。
本で紹介されていた方法は「こんにゃく」を使います。
こんにゃく2丁を10分程ゆでてタオルに包んで肝臓と丹田を30分温めます。
その後に腎臓の辺りに2枚のこんにゃくをあてて30分温める。

この本の初版は昭和53年5月22日で、私は今年新品で購入しましたが「平成30年4月16日 第1030版」と巻末に書かれていました。
凄いです。


この他にビワの葉やビワエキスを使った温灸もネットで紹介されていましたが、
温める場所は「肝臓、腎臓」でしたので、私は一番やりやすい方法として「こだわりシエスタ」を選びました。




遠赤医温を購入する前に販売店に一つ質問をしました。

「肝臓と腎臓を温める方法は60分かかりますが、遠赤医温に横になってシエスタをお腹に乗せて肝臓と腎臓を同時に温めれば30分で済むと思うのですが、それで良いのでしょうか?」


帰って来た答えは「とても良いやり方ですよ。」でした。

遠赤医温とシエスタでサンドイッチ、という方法は販売元でも推奨している様でした。

「ただし、強すぎるので遠赤医温は一番弱くして下さい」という事でした。
新しい機械を試す時は最初は弱く、というのはどんな機械も同じだからかな?



















この記事へのコメント

星の王子さま
2018年11月20日 06:59
ブログとても参考になり、元気をもらいました。過去のAWGの記事のところで、コメントさせていただきました。お返事いただけたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。m(__)m
2018年11月20日 11:37
星の王子さま さん
https://www.daytradenet.com/Cool/archives/2018/11/020657.php

http://kenkohuntermio.hatenablog.com/entry/2017/01/08/000000
AWGの記事のコメント欄でこの二つのブログをご紹介しました。
私は身近な友人、知人が癌になったことで癌について勉強する機会を頂けたことが幸運であったと思います。
自分自身の身体に不安を感じながらではきっと、私には出来なかったです。
ネット上で三大治療を断って自分で治すという選択肢を取られた方々を見つける度にその勇気に拍手を送りたい気持ちになります。
肺癌の友人がAWGやライフで改善されていく姿をこの目で見ていなければ、三大療法以外の方法、特に民間療法で癌が・・・という記事を読んでも半信半疑であったと思いますが、6年前に余命一年の宣告を受けた友人の現在の姿を見れば、
(あぁ、こう言った方法もあるのだな)と素直に信じることが出来ます。
波導治療に関する本や食事療法、自然療法の本も何冊か読みました。
そして、三大療法を選ばなかった方々の多くが特定のアイテムだけでなく「身体を温める」「「身体をアルカリ性にする食物をとる」など、自分が出来ることを幾つか組み合わせて実践されたのだと知りました。

それらの中でご自分の状況に合わせて出来ることがきっとあると思います。
星の王子さまのご回復をお祈り申し上げます。
2018年11月20日 18:03
バイオマット3点セットは今、キャンペーン価格の様です。
マットとミニマットとマクラの三点セットが496,800円。
マットとミニマットの合計よりも安くなっているのは、温熱家族のセット価格と同様に「セットで使って欲しい」という事でしょうか。
近くだったら商品を試しに行きたいところです。

この記事へのトラックバック