肛門様のお話(温水便座症候群)

温水便座症候群

ちょっと聞きなれない病名です。

私も数か月前にたまたま新聞で目にしました。

簡単に言うと「洗浄便座で洗いすぎた結果、肛門に痒みや、酷い場合は出血したりする。」その常態の事の様です。詳しく知りたい方はこちらを↓
https://osakakoumon.com/blog/archives/778 (温水便座症候群 〜おしりは洗えば洗うほど皮膚が荒れる〜)

肛門さまを綺麗にしようと言う気持ちが一生懸命洗えば洗うほど、肛門の痒みが酷くなるというのです。
新聞の記事を読んで直ぐ、主人の事を思い出しました!

我家のトイレに洗浄便座が付いて10年くらいになるのですが
何時の頃からか主人が「ぢ主さん」になってしまったのです。
かかりつけの内科の先生、皮膚科の先生、それから肛門科に相談に行ったことも有りますが、
何処へ行ってもお薬を処方されて「清潔にして下さい」と言われるだけでした。

結局何処へ行っても治らず、
AWGやライフデジタルを試しても変化は感じられず・・・という状態だった主人に新聞記事を見せて
「温水便座症候群、って言うのじゃないの?だとしたら、軽い症状なら『10日間洗浄便座を使わないでいれば殆ど治る』って書いてあるから試してみれば?」と言いました。

何事も試してみる主義の主人、いつもは「10秒は洗わないと洗った気がしない。」と言うのですが、10日間洗うのをガマンしたそうです。

その結果・・・・

「殆ど痒くなくなった(^^)/」そうです。

今では「5秒にした。」そうで、「たま~に痒みが出た時だけオシリアを塗っている。」そうです。

温水便座を使っていて肛門様の痒みが酷い方は一週間~十日ほど洗うのを我慢してみては如何でしょうか。











この記事へのコメント

この記事へのトラックバック